社労士開業失敗の反省から学んだこと

社会保険労務士の定義、開業成功社労士の商品、起業とは何か、開業準備の全体像、顧問先を着実に開拓できる仕組み、他

社労士とは何か定義

 <定義> 社会保険労務士(略称:社労士)とは、企業の健全な発展と労働条件や職場環境の改善を目的として、労働基準法をはじめとする労働社会保険諸法令の専門知識を活用応用し、法令を遵守した適正な給与計算やその他人事労務等を行うことを仕事(業務)にする国家資格です。

 <解説> 社会保険労務士とは何か、この問いに自信を持って分かり易く適切な解答をできる方は、今までほとんどいなかったと思います。

 なぜなら、社労士法第二条(社労士の業務)が大変複雑なうえに曖昧な条文ですので、

 社会保険労務士は、企業において結局何の仕事(業務)をするための国家資格なのか、をほとんど誰も理解できなかったからです。

 このため今までは、ほとんど誰も分かり易く適切な「社会保険労務士の定義」ができなかったのです。

 しかし、最近は、インターネットの発達によって「開業成功社労士の取扱業務」を、誰でも容易に、しかも詳細に調査分析できるようになりました。

 これによって、社労士法第二条(社労士の業務)は相変わらず理解できなくても、開業成功社労士が実際に行っている「社労士の業務」は解明できるようになったのです。

 このため、社会保険労務士の目的、専門知識、業務が明確になって、社労士は、誰にでも分かり易い適切な定義ができるようになったと思います。

 目的の「企業の健全な発展」と「労働条件や職場環境の改善」は、社会保険労務士法第一条(目的)の「事業の健全な発達」と「労働者等の福祉の向上」を分かり易く言い換えたものです。

 専門知識の労働社会保険諸法令とは、労働、医療、年金、介護等の社会保障に関する諸法令のことで、大分類すると、労働法と社会保険法の諸法令によって構成されます。具体的には、

 1)労働法:労基法、安衛法、労災法、雇用法、徴収法、その他
 2)社会保険法:健保法、厚年法、国年法、介保法、その他

の諸法令のことを言います。

 企業は人なり、と言いますが、社労士の主な仕事(業務)である

 人事労務とは、企業競争力を高めるため、個々の従業員等の入社から退職まで、人材の確保→育成→活用→評価→処遇(発令+給与)の流れで、

 主に大中企業の「人事部」において、普遍的な「テーマ」である「募集採用」「教育訓練」「能力開発」「組織」「人事制度」「福利厚生」「安全衛生」「労使関係」「給与」等について、会社のあるべき姿(理想と目的)を考え、それを実現する業務のことを言います。

 給与とは、「賃金」と「役員報酬」のことを指します。

 給与計算とは、ほぼ全ての人事労務の結果を集約反映して、人事労務の最後に行われる業務で、労働社会保険諸法令や所得税法等に基づいて、

 企業における給与の「総支給額」「労災保険料」「雇用保険料」「健康保険料」「厚生年金保険料」「介護保険料」「所得税」「住民税」「労使協定控除額」「差引支給額」等を計算する業務のことを言います。

 社会保険労務士の本質について、もっと詳しく知りたい方は、

 ウエブサイト「社会保険労務士/社務士とは定義」を参照してください。

 社会保険労務士や社労士受験生の方のご健闘をお祈り申し上げます。

 ↓↓ をクリックして↓↓このブログのランクアップにご協力をお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ