社労士開業失敗の反省から学んだこと

社会保険労務士の定義、開業成功社労士の商品、起業とは何か、開業準備の全体像、顧問先を着実に開拓できる仕組み、他

社労士試験終了後の過ごし方

 年に1度の社会保険労務士試験が22日(日)に終了し、結果の良し悪しがどうあれ、社労士受験生の方は今ほっとしているところだと思います。

 もう予備校の解答速報と自分の解答を突き合わせて自己採点が完了し、試験の結果はほぼ分かっている頃だと思います。

 試験の結果が良かった人も悪かった人も、過酷な受験勉強はいったん終了し、9月末までは少しゆっくり休んでもらって良いのではないでしょうか?

 ただし、ゆっくり休むと言っても、何もしないという意味ではなく、予想される試験の結果にかかわらず、

 1.知識を維持するための軽いテキスト復習
 2.次の段階に進むための情報収集
 3.今後の方針と計画を検討

は、この時期にやっておいた方が良いと思います。

 そして、合格発表を待たずに、10月からは次の段階に進んでください。

 そこで、次の段階に進むための情報収集として、試験の結果の良し悪しにかかわらず、是非熟読をお勧めするサイトが、

 ウエブサイト「社会保険労務士/社労士とは定義」です。

 なぜなら、あなたは、社会保険労務士とは何か、この問いに、自信を持って適切な解答ができますか?

 ウエブサイト「社会保険労務士/社労士とは定義」は、社労士の業務をごまかして曖昧にしない適切な「社労士の定義」や社労士試験「合格の秘訣」に加えて、社会保険労務士「独立開業の現実」や「開業成功の鍵」等をズバリ!無料解説しているからです。

 今この時期は、ウエブサイト「社会保険労務士/社労士とは定義」を繰り返しじっくり熟読して今後の参考とし、今後の方針と適切な計画検討にお役立てください。

 社会保険労務士や社労士受験生の方のご健闘をお祈り申し上げます。

 ↓↓ をクリックして↓↓このブログのランクアップにご協力をお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ